示談交渉の相談で弁護士に依頼するタイミングは?(029)


弁護士に依頼する場合は思い怪我の場合だと思います。軽い怪我では、

治療が終わってから保険会社が示談金を提示してから大丈夫だと思います。

賠償請求を行う場合は自分で交渉する場合と弁護士に依頼する場合があります。

重い怪我の場合は、様々な問題が起こり自分で解決、交渉することが

大変になってきます。

特に後遺症障害が残る場合は交通事故を得意としている弁護士

依頼するのがベストです。なぜなら、損害賠償の細かい項目を理解し

複雑な計算をして、適正額を算出することが困難だからです。